home-visual.jpg

Logic Operating Centre (LOC)

ADO (Assistive Data Officer) のエンジン LOC とは?

LOCは、個々のデータ領域担当者(サイエンティストやゲートキーパー)が、各データ処理に必要な

レイヤリングロジックを「挿入」し、独自のラベリング技術で精度の高いリファレンスを作成できるよう支援します。

  • システム全体のデータパイプラインの正確な設計図

  • 柔軟なアクセスコントロール管理

  • 迅速なデータディスカバリー、カタログ化、可視化

  • データプロセスにおけるシステム横断的なリネージ処理

  • コンプライアンスと規制要件に対応した信頼性の高い監査証跡機能

FST Network の LOC Studio は、IT ユーザーやデータチームが技術者以外の人とうまくやり取りできるようにすることで、統合を強化し、強力なデータメッシュネットワークを形成するとともに、コーディングへの参入障壁を低くして使いやすさとチームワークを向上

させます。

高度な分類と発見

データおよび関連する保存場所に関する正確な分類と区分は、その「原子」レベルまで正確にラベル付けされ、参照されます。


また、LOC は、システム内のすべてのデータセットについて、緻密なデータディスカバリーと分析を行うための強力な可視化ツールも提供します。

データプロセスモデリング

LOC Studioのデータプロセス・インタラクティブ・マップでは、関連するイベント発生条件を示す,操作ロジックやビジネスロジックを含む正確なデータプロセスを迅速に設定し、管理すること

できます。

LOC は、管理が容易でユーザーフレンドリーな

仕組みを採用しており、個々のデータプロセスに

対して迅速にアノテーションを強化し、直接的な

データ制御と複雑なデータガバナンス管理のために必要なロジックとエージェントを実装することが

可能です。

platform-2n.png
platform-3n.png

データリネージ
プロビジョニング

複雑なソースとイベントのターゲット関係や関連するデジタルIDのプロビジョニングは、LOC Studioの Data Discovery Event Repository で、

それぞれのイベントプロパティを含めて利用することができます。

LOC Studio のイベント説明と関連するラベリングは、「ソースからデスティネーション」のデータ系統を明確にし、関連するイベントの展開と接続

データポイント間のフロー関係の理解をさらに深め、エンド・トゥー・エンドのデータジャーニー

投影します。