home-visual.jpg

Assistive Data Officer (ADO)

Assistive Data Officer (ADO)

CIO・CDOが抱える様々なデータの課題をWeb3.0 データメッシュによるデータDXで解決するソリューション
が ADO(Assistive Data Officer)です。

肥大していくデータウェアハウス・データレイク、新サービスとともに増えていくエンドレスなETL開発と運用。
私たちの画期的なアプローチは、これらを解決して莫大なコストや時間を削減するだけでなく、ガバナンスを
強化し迅速な変革を可能にして、人とプロセスの円滑な連携とスマートなインタラクションを実現します。

FST は、データ管理の新しい進化を実現するために、以下の4つの主要機能を持つ強力なデータメッシュを
採用しています。

VADO.jpg

ADOのユニークな点は、以下の通りです。

ドメイン・ドリブン・データ(Domain-Driven Data, DDD)の提供またはオーナーシップ
私たちは、より良いデータを正確に作成するために、ドメインの専門知識と専門性を持つ適切なソースに直接繋ぐことに重点を置いています。

データ・アズ・ア・プロダクト(Data-as-a-Product, DaaP)
データ所有者は、効率的な検索と権限のある関係者による相互監視のために、正確な参照を持つ適切なデータプロダクトを準備することができます。

セルフサービス型データ基盤(Infrastructure-as-a-Platform, IaaP)
DaaPに格納された適切なデータは、容易に展開でき、アクセス権付きでセルフサービスが可能です。DaaPは定期的に更新することができます。

完全自動化された分散型連合ガバナンス
すべての活動やアクションは、データコンプライアンスとフォレンジック目的のために監視され、アーカイブされます。