home-visual.jpg

金融サービス企業での使用例

金融サービス企業は、データ駆動型環境の主な要素として ADO を
利用することで、最も機密性の高いデータからでも安全に
ビジネス上の洞察と価値を得ることができます。

一貫性のあるデータリネージ

  • エンド・トゥー・エンドの
    データジャーニーを迅速にトレース

  • データの可視化と正確な参照による
    マッピング

  • データフォレンジック機能を強化し、
    エラーの根本原因の追跡を可能に

クロス・システム間
ロジックディスカバリー

  • 複数のデータソースからの高品質な
    データ収集と評価

  • 組織内のデータ全体から潜在的な
    データパターンを発見する

  • データセットの迅速な検索と効率的なデータプロセスの分類

ポータブルデータ統合

  • データ環境全体の情報を調和させ、
    統一されたビューで管理

  • 既存システムに影響を及ぼさずに、
    様々なシステム層から重要なメタデータをプローブ取得可能

  • 簡単に構成設定できる LOC による
    ​完全なデータ正規化

なぜ ADO なのか

use-case-1.jpg

データに関する問題や課題

  • 石油の様に湧き出し続ける大量のデータ

  • 処理されずに蓄積された大量のデータ負債

  • その場凌ぎ的なアプローチによるデータ連携

  • データ管理における粒度と差別化の課題

ユースケース

ADO は、金融サービスにおけるクラウドベースとオンプレミスの両方のデータエコシステムに対応可能なWeb3.0 データメッシュソリューションです。データメッシュによる汎用的なデータアクセスとプライバシー制御により、企業はリスクを低減した形で異なるシステムやデータセット間で円滑なデータ利用を安全に実現して、より迅速なデータ統合とデータ変換が可能となります。

use-case-2.jpg

バンキング&ペイメント

  • カスタマー360

  • 取引データの準備

  • 逸脱検知

use-case-3.jpg

トレジャリー・マネジメント

  • ペイメントゲートウェイ

  • リスク管理

  • チャネルアカウント管理

use-case-4.jpg

保険

  • 保険金支払の最適化

  • カスタマー360

  • 商品レコメンデーション

  • IFRS17 集計レベル

  • IFRS17 費用配分