home-visual.jpg

新しいプロセスを構築する

ビジネスの課題

社内外のデジタルサービスにおいて、より良い体験を提供する

ために、IT環境にアダプティブ・マイクロサービスやコンテナ構造を採用し、データ処理の効率化を図る計画が、お客様から

求められています。

ADO - LOC で

データパイプラインを構築する

より明確なイメージを得るために、まずITチームはすべての

ビジネスユニットのユーザーを集め、日常的な運用や臨時の要求についてヒアリングを行い、その後、各データパイプラインと関連するビジネスとシステムの完全な分析を行う必要があります。

この作業は数ヶ月から数年かかることもあり、継続的な評価と

調整のために、特別で高価なタスクフォースを追加で雇用する

必要があります。言うまでもなく、旧来の構造では、継続的な

変更とさらなるサービスの追加が行われるため、標準以下または実現不可能なソリューションが提供されることがよくあります。

use-case-5.jpg
home-visual-ui.png

しかし、LOC を使用することで、お客様は、すべての

データと関連するプロセスの重要な関係をマップ化する

ために、独自の論理参照アプローチによって柔軟に

適応しながら、既存のデータと新しいデータパイプラインの両方を同時に処理する非侵入型(既存システムに影響を及ぼさない)の方法を提供することができます。ETL、

データパイプラインのコード、ストアドプロシージャ、

システムログを解析して、長い間埋もれていた

データロジックを探し出す必要はもうありません。

さらに、LOCのイベントソーシング方法は、お客様が

組織的なコラボレーションを改善するために大きく

役立っています。従来の Excel のテーブルの上に

テーブル、カラムの上にカラム…といった使い方をせず、すべてのリクエストをイベントとして扱い、

処理することができるのです。

導入メリット

プロジェクトにかかる時間を80%短縮

データパイプラインと関連する履歴を即座に検索可能

実装されたデータロジック、データリレーションの管理が容易

規制、市場ニーズ、業務ニーズへの迅速な対応

ダウンタイム0での導入