home-visual.jpg

Modern Data Networking Made Easy 

正確なリネージで、かつてない柔軟性と可視性を実現

home-visual-ui.png
A-3 (Recommend to use).png

Web3.0 データメッシュソリューション:
Assisitive Data Officer (ADO) - Logic Operating Centre (LOC)で
究極のクロスシステム間データ管理を提供し、CIO・CDOをアシストする。

一貫性のあるデータリネージ

  • エンド・トゥー・エンドの
    データジャーニーを迅速にトレース

  • データの可視化と正確な参照による
    マッピング

  • データフォレンジック機能を強化し、
    エラーの根本原因の追跡を可能に

クロス・システム間
ロジックディスカバリー

  • 複数のデータソースからの高品質な
    データ収集と評価

  • 組織内のデータ全体から潜在的な
    データパターンを発見する

  • データセットの迅速な検索と効率的なデータプロセスの分類

ポータブルデータ統合

  • データ環境全体の情報を調和させ、
    統一されたビューで管理

  • 既存システムに影響を及ぼさずに、
    様々なシステム層から重要なメタデータをプローブ取得可能

  • 簡単に構成設定できる LOC による
    ​完全なデータ正規化

people-business-meeting.jpg

システム全体の仕組みを
よく理解するために

データは、どこにでも存在し、どこにでも隠されている
可能性があります。

私たちは、既存のデータパイプラインを再構築するための
効率的なツールを提供し、必要なチェックポイントに重要な
「レイヤリングロジック」を挿入して、データ管理とガバナンスを改善するための新しい洞察を明らかにすることで、組織がデータネットワークの全体像を把握できるようにしました。

私たちの革新的なアプローチは、レガシーシステムが直面している技術的負債の負担を軽減し、必要なイノベーションと
アップグレードを最小限の混乱で迅速に実行することを
可能にします。

クロス・システム間におけるデータの相互運用性を監視する

card-1.jpg

汎用的なアクセス制御

様々なアクセス制御方式に対応し、柔軟なアクセスポリシー設定を可能にします。ロールベース、ポリシーベース、属性ベースのアクセスコントロールなど、様々なアクセスポリシーに対応し、ユニークなデジタルIDを適用して、ユーザーやデータプロセスへの適切なアクセス権を付与することができます。

card-2.jpg

データメッシュ

システム横断的なモジュール式アプローチにより、データプロセスや関連するロジックを洗練させながら個々のデータの相互運用を行い、データ中心のオペレーション、独立したチームパフォーマンス、完全なシステムガバナンスを実現するためのデータプロダクトを作成します。

card-3.jpg

ファンクション・アズ・ア・サービス
(Function-as-a-Service, FaaS)

クラウドを介したサーバーレスのマイクロサービスを活用することで、様々な事業ドメインの専門性やユースケースに応じたユーザーフレンドリーなインターフェースとAPIのアプリケーションを提供します。

次に目指すもの

LOC は、最終的に、すべてのデータネットワークに接続された重要なデータの参照と十分な
メタデータを一定期間(3年程度)かけて集め、
データパイプラインを大幅に改修することで、CIO・CDOをアシストする究極のデータ管理
エンジン(Assistive Data Officer, ADO)へと
発展していきます。

これにより、事業のイノベーションを強化するための様々な新技術を取り込みながら迅速にシステムを統合拡大していく可能性が大きく開かれます。

Next.jpg